大学4年生

2016年10月現在、大学4年生の者です。もう少しで大学生活も終わりを迎えるこの時期に思うことは、「大学4年生はとにかくお金をつかうなぁ」ということです。

 

まず、真っ先に挙げられる要因は就職活動費です。私は地方在住で、就職活動のために上京することが6〜8月の2ヶ月で延べ7回ありました(内2回は泊まり)。最終面接等選考が進んでくれば交通費支給という企業も多くありますが、説明会等の序盤ではまず交通費の支給はありません。私の場合、先に述べた7回の上京の内、5回は自腹を切ることになりました。1回2万円で計10万円…。しがない大学生にとっては大きすぎる出費です。当然、東京での外泊となれば外食に頼ることになり、普段の食費よりも大きい出費となっていました。その他にも、地元企業の選考等で長距離の移動を伴わない場合でも交通費は発生しますし、説明会のスケジュールに合わせるため、必然的に外食も増えていきました。

 

 

次に、出費の増える原因として、友達との付き合いが増えてくることが挙げられます。残り少ない大学生活を謳歌しようと旅行に行く人が激増するこの時期に、私も例に漏れずその誘いが来ます。私の大学・学部では卒業論文が無く、就職先が決まれば後は遊ぶだけの人が多くいます。その人たちに合わせるとやはりお金が飛んで行きます。では、学外の友人に目を向けようとすると、皆卒論で忙しく、ストレスが溜まっているのか、やたら飲みに誘われます。そこでも出費が激しいです。また、就職先の近くへの引越し費用もかかります。引越し見積もり金額をみてびっくりしちゃいました。

 

今日も今日とて、そのためにすこしでもお金を稼ごうとする大学4年生です。

フィギュア代にお金が消えていきます

私は女性でフィギュア収集が趣味で、家には様々なフィギュアがあります。少しでも気に入ったフィギュアを見つけると直ぐに後先考えず買ってしまうので、毎月のお給料のほとんどが、フィギュア代に消えて行きます。月の支払は10万を超えることもザラで、老後の為に貯金しないといけないとわかってはいるのですが、逆に今までの貯蓄を食いつぶしてフィギュアを買い続けている始末です。さすがに親に「あんた飾りもしないフィギュアばっかり買って、お金は足りてるの?貯金はちゃんと出来てるの?」と心配される始末です。それで、私ももういい歳なので「このままではいけない」と思い、最近からですが「フィギュア収集をもう止めよう」と決めました。

 

今予約している分はキャンセル出来ないので、それは仕方がないとして、今後新しく欲しいフィギュアを見つけても、もう買うのは一切しないと決心しました。これだけでもかなりの出費を抑えられると思います。そして家計簿を毎日付ける事にしました。すると無駄買いをしなくなりました。ついでに「要らないフィギュアは全部売りに出して、奇麗に片付けてしまおう」と思いました。新品未開封のフィギュアもたくさんあったので、売りに出すと結構な額のお金が入って来ました。家には6体だけフィギュアを残しました。残りが4体ほど予約しているフィギュアを購入する予定ですが、開けて見てあまり気に入らないようなら、それも新品未開封のまま売りに出して、お金に換えて貯金しようと思っています。

 


出典:家を建てる